FP技能士資格のために勉強を始める!

資格は持っているだけで有利になるものもありますし、実際に活用しなくても、自己啓発の為にもとても役立つと思います。その資格の取得に向けて勉強すればその分野の知識が自然と身に付きますし、実際に合格する事で自分に対する自信も出てくると思います。そんな中私が取得したいと思っている資格をご紹介します。

私が取得したい資格は、FP技能士資格です。FPとはファイナンシャルプランナーの略で人々の特にお金についての人生設計について相談を受けたり、アドバイスする事が出来る人の事を言います。全部で3級から1級まであるのですが、私はこの資格の勉強はまだ1度も行った事がないのでまず3級から勉強を始めようと思います。

FP技能士試験を受けるにあたって勉強する事が必修なのが、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、タックスプランニング、金融資産運用、不動産、そして相続事業承継の6つの分野です。例えばタックスプランニングは税金について、金融資産運用は自分の持っている金融資産をいかに上手に運用するかを学ぶ分野で、どれも私達が生きる上でとても大切な知識である事が一目瞭然です。

FP技能士資格を取得する為にこれらの分野の勉強をする事で、資格を取得するだけでなく、人として持っておくと役に立つ知識を得る事が出来るので、これから勉強を始めようと思っています。

アトピーは乳酸菌で体質改善が重要

アトピー肌の私は、腸内環境について考えることが多いです。腸が汚れていると、肌をつくる栄養素がつくられなくなって、肌荒れを起こすそうです。

食生活や睡眠などに気をくばるのも大切ですが、腸をキレイの保つために考えるべきことは、定期的な乳酸菌の摂取だと思います。腸には善玉菌と悪玉菌があり、アトピーなどの人の腸には悪玉菌のほうが多いみたいです。

便秘気味になり、毒素排出ができないためにアトピーの症状がよくならないことも考えられます。乳酸菌を摂取すると、この悪玉菌を減らす働きをしてくれるために、腸内環境が整ってくるそうです。

アトピーを完治させることは難しく、ステロイド処方以外の治療法もありますが、根本治療をしないと治らないのです。腸に良い乳酸菌を摂取し、体の中からじっくりと体質改善をしていくほうが、結果的に肌の回復になるようです。私もネットやテレビでこのことを知ってから、乳酸菌を毎日飲むようになりました。

飲み始めて半年くらいになりますが、それまで滞り気味だった便通が、毎日スッキリするようになりました。肌の症状はもう少し時間がかかりそうです。

でも、健康な肌づくりに欠かせないのは腸の健康を守ることだと信じているので、これからも続けていきたいと思います。

新米美容師さんの丁寧なヘアーカット

自分が通っている美容院は新米美容師さんがたくさんおり、これらの美容師さんを指名すればカットの価格は通常のものよりも安くなります。それで自分はこの新米美容師さんをいつも指名しています。

新米といっても腕は確かで非常に丁寧にカットしてくれます。自分はいつも雑誌を持って行き、写真を見せてこのような髪形にして欲しいということを伝えますが、上手に似せてくれます。

ただベテラン美容師さんに比べるとカットに多少時間がかかってしまいます。しかしそれはこちらも十分承知なので全く気にしていません。

そしてこの美容院の特徴はカット後のシャンプーのときにマッサージを行ってくれることです。かなり丁寧なマッサージで、時間をかけて頭、肩、首をリラックスさせてくれます。時には眠ってしまうことがあるほど気持ちがいいです。

マッサージだけをしてもらいにこの美容院に行ってもよいと思うくらい上手なマッサージで、実際、自分は普通は2ヶ月に1回のペースでこの美容院にカットしに行きますが、マッサージが目的で数週間に1回のペースで通ったこともありました。

腕といい、価格といい、サービスといい、自分が今まで行ったことのある美容院で間違いなくここがナンバーワンです。

女性らしいことがしたくなる時期

私だけなのかはわかりませんが、学生のころから生理がくると、なぜか女性らしいことをしたくなります。 普段はやらないお裁縫だったり、お料理してみたくなったり、部屋の整理や掃除をしたり、いわゆる家事がしたくなるのです。

主婦になってからは家事をやるのは当たり前なのですが、普段細かく掃除できない所を無性に掃除したくなります。 例えば、台所の排水溝の掃除や、洗濯機のお湯取りホースのフィルター、窓サッシの溝の汚れなど、目につくとキリがないですが、汚れを見つけてしまうといてもたってもいられなくなるのです。

おしゃれしてみたくなるのもあります。 久しぶりに服を買いに行って、フリルやリボンのついた乙女チックな服を着てみたくなったり、ピアス売り場に行くと自分好みのかわいいピアスを見つけるまで結構長時間店にいついたりすることもあります。

2歳の娘が「ぼくもやる」なんて言う時がありますが、「女の子なんだから、ぼくじゃなくて私」って言ってもお構いなし。 なんでもかんでも真似するようになってきた娘、母親が女性らしい言葉づかいを使うようにしなければいけませんね。

それから雑貨屋さんに行くと、小さな布きれで作ったマスコットに一目惚れしてしまったり、かわいいポストカードを見たらついつい買ってしまうこともあります。

女性らしさって上品なだけじゃない、いろんなことが重なっていって、他人から見ても全体的に「あの人は女性らしいなぁ」と思われることが最終的には女性らしいということになるのでは?と思いました。

海外旅行好きの妹について

私の妹は海外旅行が大好きでしょっちゅう行ってます。 私は自宅で読書をしたりピアノを弾くのが趣味なのですが、 妹は真逆で一か所にじっとしていられないようで お金がたまれば海外に行っています。 両親に言わせると、私は第一子だったこともあり慎重に、 妹は適当に育てたからだとのこと。

私にしてみれば海外、特に先進国以外の旅行は怖いのですが 妹は学生時代から中国に留学をして語学を学び 今の旅行先も発展途上国ばかり行っています。 最近は東南アジアにはまっているそうで、 インドネシアやベトナムによく行っています。 「アジアの熱気と活気が良い」と言っていますが理解不能です。

しかも旅行はネットで航空券とホテルだけ手配して、 それ以外は自分でアレンジしているのです。 留学中の友達や旅行先で知り合った外国人と連絡を取り 案内してもらったりするそうですが、 両親も私も妹が無事に帰国するまでハラハラさせられます。

また、旅行先で知り合った外国人が日本に来る時は案内をしているそうで 自宅に食事に連れてくることもあります。 両親はいつか妹が外国人と結婚するのではないかと 心配しているみたいです。 本人は「それはない」と否定していますが、 私も外国人の友達といきいき話している妹を見ると心配になります。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.7